STAFF BLOG

2017.11.08更新

人が自分の財産を自由に使えるのは元気な時だけ→認知症など契約等の行為が出来ない。

家族は代理が出来ない→現在は「コンプライアンス」が煩わしく代理が難しい。

相続とは→何も対策をしなければ機械的に法定相続となり、法定相続人の話し合いで決定

     しなければ、すべての財産は共有状態。いわゆる「田分け」

     遺言をしても「遺留分」というお節介な制度がある。

それで 最近は「家族信託」が普及  ところがこれになかなか付いていけない。

 

最近は生前の相続対策の相談が非常に多くなった。子供のいない人、事実婚の人たち、

再婚の人たちなど→日本の民法だと色々な制限があり、自分の財産の行き先は自分で

決めるため、「信託」の普及が不可欠となりつつある。

 

現在は公正証書の作成で対策しているが、それだけでは不十分な時代になった。

                  税理士:河合

投稿者: 河合恭宏税理士事務所

2017.11.08更新

人が自分の財産を自由に使えるのは元気な時だけ→認知症など契約等の行為が出来ない。

家族は代理が出来ない→現在は「コンプライアンス」が煩わしく代理が難しい。

相続とは→何も対策をしなければ機械的に法定相続となり、法定相続人の話し合いで決定

     しなければ、すべての財産は共有状態。いわゆる「田分け」

     遺言をしても「遺留分」というお節介な制度がある。

それで 最近は「家族信託」が普及  ところがこれになかなか付いていけない。

 

最近は生前の相続対策の相談が非常に多くなった。子供のいない人、事実婚の人たち、

再婚の人たちなど→日本の民法だと色々な制限があり、自分の財産の行き先は自分で

決めるため、「信託」の普及が不可欠となりつつある。

 

現在は公正証書の作成で対策しているが、それだけでは不十分な時代になった。

                  税理士:河合

投稿者: 河合恭宏税理士事務所

SEARCH

CATEGORY

  • STAFF BLOG
  • 優良税理士
  • 今月の経営お役立ち情報
  • 経営お役立ち情報 お役立ち情報